発達障害の子どもの睡眠への効果

発達障害の子どもの睡眠への効果

注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断される男児98人に対し、400 mg/日(1日2回)L-テアニンを飲用させ、睡眠に関するアンケートをとりました。L-テアニン毎日400 mgがADHDと診断される子の睡眠の質の複数の側面を改善することにおいて有効である可能性が考えられました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22214254

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です