軽度認知症への可能性

軽度認知症患者さんの症状悪化の軽減(ヒト試験)

テアニンを多く含んだ緑茶抹カプセルの継続的な摂取が、軽度認知症患者の症状悪化を和らげる可能性があることを確認

医師に認知症あるいは軽度認知症と診断された方で、本人または家族から同意を得られた方を対象に、緑茶抹を充填したカプセルを 1 日 12 カプセル摂取していただきました。これは、緑茶抹約 2,070mg に相当し、1 日当たりテアニン約 34.0mg、カテキン約 219.4mg を摂取することに相当します。このカプセルを 1 年間通して摂取していただき、改訂版長谷川式簡易老人知能スケール(※4)を毎月測定し、認知症状の進行の程度を調べました。
その結果、試験前に知能スケールの測定結果が 21 点以上であった正常および軽度認知症群において、緑茶抹カプセルの摂取が、知能スケールの低下を有意に抑えることを確認しました。この調査から、緑茶抹を摂取することで、軽度な認知症患者において、認知症の症状悪化を和らげる可能性があることがわかりました。
これらの研究を通して、テアニンは現代の高齢化社会で問題となっている認知症などの脳障害、さらには心的外傷後ストレス障害に対して症状緩和効果を発揮することが期待できます。
(※1)海馬とは、記憶を司る脳の部位です。
(※2)脳内神経幹細胞は、高い分裂能力とともに、情報伝達に関与する神経細胞と、グリア細胞とに分化します。
(※3)アストログリア細胞とは、神経細胞と協力して脳内の情報伝達に関与する細胞です。
(※4)簡単な質問に答えてもらい、その正解数で認知症の程度を評価する方法。30 点を満点とし、20 点以下であれば認知症の疑いがあるとされています。

緑茶アミノ酸による脳内神経細胞の新生促進(第3回認知症の早期発見、予防・治療研究会発表抄録)

特集:認知機能とアンチエイジング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です